残土処理をするならレンタルがお得|メンテナンスは業者にお任せ

男性

気体や液体を計る

ヘルメットを持つ男性

どのくらいの量を使っているのか計りたいときは、流量計を使用すると良いでしょう。水道管などに外側からはめることで、後からでも簡単に導入できます。カタログで値段などを見てから購入することが大切です。

詳細を確認する

土をふるいにかける

工事

残土の中にはゴミなどの不純物が含まれているので、残土ふるいを使用して分ける必要があります。購入するときは業者を利用すると良いでしょう。業者なら購入後に発送してくれます。

詳細を確認する

口コミで業者を探す

空調

業務用エアコンを洗浄するには特別な技術を必要とするので、なるべく業者に依頼したほうが良いでしょう。業者によってやり方が大きく変わることが多く、口コミや評判を参考にしておいたほうが安心できます。

詳細を確認する

機械を購入またはレンタル

工事

土砂崩れが起きた場合や大量の土が発生したときは残土処理が必要になります。残土処理をするには土を処理するだけでなく、不純物をしっかり取り除かなければなりません。取り除いた不純物は物によってはリサイクルしたり処分したりなどさまざまです。人の手で分別しても良いのですがかなり時間がかかることが多いため、なるべく残土処理専用の機械を使用したほうが良いでしょう。機械を使用するには業者から購入する必要があります。機械は新品の他にも中古があるので、予算が少ない場合は中古を購入して費用を抑えると効果的です。残土処理を定期的に行なうのであれば新品を購入して長年使用すると、長期的に見て費用を最低限に抑えられますし、壊れにくいというメリットもあります。短い期間で使用するなら中古を購入して、使用しなくなったら売却も可能です。最近では購入以外にレンタルで機械を貸出している業者もあります。レンタルなら中古で購入するよりも短期間なら圧倒的に安い金額で使用できますし、不用になったら返却して費用の発生を抑えられます。また、定期的に業者がメンテナンスをしに来てくれるので、故障してしまってもメンテナンス費用の支払いがいりません。業者によってサービスが異なりますが、レンタルなら無償で修理してくれるでしょう。レンタルで機械を使用して継続的に使用したいと思ったら、購入しても大丈夫です。そのときの購入金額は中古になる可能性が高くなります。